チャットベストフレンズ

WE WILL
BE

HAPPY

JAPAN

We are an online community service.
Women take on the challenge of changing the world.
Will be happy. Of course, it's all together.

オンラインコミュニティサービス

I WILL BE HAPPY

アイ・ウィル・ビー・ハッピー は、オンラインでコミュニティを構築する、オンラインでコミュニティに参加できる、オンラインコミュニティのプラットフォームサービスです。

BACKGROUND OF THE TIMES

チーム会議

変化するコミュニケーション。

事業者にとってユーザーとのコミュニケーションツールは、メール会員を獲得してメールマガジンを大量に配信するメール時代から、SNSを活用してファンを獲得し一度にたくさんのユーザーに情報を発信できるSNS時代に変化しました。ユーザーにとっては自分に合った情報を探して自らファンとなり、いつでもタイムリーな情報を得られるようになってとても便利な時代になりました。しかし、多くのユーザーはそれだけでは満足に至っていませんし、多くの事業者がそれだけでは満足する反応を得られていないのが現実です。事業者はユーザーとのコミュニケーションのあり方をさらに現代社会に適応した方法に変化させる必要があるのです。

求められるコミュニティの構築。

現代社会では、家庭、地域、学校、会社のあり方からも見られるように、オンライン化が進み実社会でのコミュニティへの参加機会が減っています。境遇や趣味、夢やビジネスにおいて共通する人と繋がって情報を共有したり自らを主張できる機会が減っているのです。人間関係が稀薄になった現代社会においては、情報収集だけでなく交流が可能な「つながり」が求められます。サービスや商材を売りたい事業者は今まで、顧客となり得るターゲット層に対して反応を見ることができない方法で情報を大量配信することに時間やコストをかけてきました。これからの時代に事業者にとって必要なユーザーとのコミュニケーションツールとなるのは、ユーザーどおしの「つながり」を提供できるコミュニティの構築です。

健全なコミュニティ運営のためのサービス。

私たちは今までいくつかのコミュニティサービスを展開してきました。ウェブサービス、イベント、ショップ、サロンなど、拡大していくビジネスは業種に限らず、ユーザーとの関係を丁寧につくり、コミュニティを構築してユーザーとの関係性を持続できるビジネスでした。サービスや商材を売りたい事業者は、数を打てば当たる方式で情報を大量配信するのではなく、ターゲット層が集まるコミュニティを構築し「つながり」を提供することで、見込み客が顧客になり、顧客が見込み客を呼び込む好循環が生まれるのです。そこで必要になるのがコミュニティを構築して健全に運営していくノウハウです。「I WILL BE HAPPY」は、コミュニティの運営者どおしもつながりノウハウを共有しあうコミュニティサービスです。

  • Facebook
  • Instagram
  • Facebook
  • Instagram
  • Facebook
  • Instagram
  • Facebook
  • Instagram

© 2021 COMMUNITY AND DESIGN JAPAN LLC